脊柱管狭窄症で絶対にやってはいけない姿勢とは!?

姫路市勝原区にある「骨盤本舗グループ 整骨院キング」 院長の益井です。

 

「脊柱管狭窄症では、どのような姿勢でいたらよいのか分からない…」

このようなお悩みはありませんか?

 

もしかすると、この記事を読んでいるあなたは、前かがみになると腰の痛みや足のしびれが楽だからと姿勢を前かがみにしているかもしれません。

しかし、この前かがみ姿勢を続けていると最終的に腰の痛みや足のしびれが悪化することになります。

正しい姿勢をすることで脊柱管狭窄症も改善できますので、正しい姿勢のやり方もお伝えしています。

脊柱管狭窄症は前かがみ姿勢で楽になる理由

まず、なぜ脊柱管狭窄症は前かがみ姿勢にすると腰の痛みや足のしびれが楽になるのか?についてお伝えします。

脊柱管狭窄症で多い悩みが

  • 長い距離が歩けない
  • 長時間立ってられない

このような悩みですね。

そして、歩いて痛くなったら途中でしゃがんで休憩したら楽になるといった経験はないでしょうか。

これは脊柱管狭窄症の典型的な症状の一つです。

前かがみの姿勢は脊柱管狭窄症の症状を軽くしてくれる姿勢なのです。

前かがみ姿勢で背骨の隙間が広がるから

前かがみの姿勢になると楽になるのは、背骨の隙間が広くなるからなのです。

脊柱管狭窄症は背骨の間にある軟骨がすり減っていき、背骨の隙間が狭くなり、その間に通っている神経が圧迫されることで腰の痛みや足の痛みが出てきます。

ただ前かがみの姿勢にすると、背骨の隙間が広くなり神経の圧迫が解放されるのです。

なので、脊柱管狭窄症になっている方は前かがみの姿勢が多くなります。

ただ、前かがみの姿勢が楽だからとずっと前かがみの姿勢にしていると腰が伸びなくなる可能性が高くなります。

前かがみ姿勢は危険!?腰が伸びなくなる

前かがみの姿勢にしていると段々と腰が伸びなくなってきます。

よくご年配の方で腰が曲がってしまっている方を見かけることがあると思いますが、あれは前かがみの姿勢が楽だからとずっと前かがみの姿勢をしていたことが原因なのです。

その場の痛みは治まっても体の機能的には問題があります。

では、前かがみの姿勢はなぜ悪いのか?

前かがみの姿勢は筋肉に負担がかかるから

前かがみの姿勢では筋肉にものすごく負担がかかるので、筋肉が硬くなっていくのです。

筋肉はゴムのように伸びたり縮んだりします。

ゴムも伸ばしたり縮んだりすることで、弾力があるゴムが保たれますよね。しかし、ゴムを使わずに放置していると段々と硬くなっていきますよね。

筋肉も同じように伸ばしたり縮めたりしていると正常に保たれるのですが、使わくなると段々と硬くなっていくのです。

そして前かがみ姿勢が多くなるとお腹側の筋肉が伸ばされなくなるので、いつの間にか知らない間に硬くなって腰が伸びない状態に陥ってしまいます。

 筋肉が神経痛を起こすこともある

脊柱管狭窄症では、骨が変形して神経が圧迫され、腰の痛みや足のしびれを起こすと言われていますが、実は筋肉が硬くなっても神経痛を起こすこともあるのです。

神経や血管は筋肉の間を通っている

神経や血管は背骨の間に通っているだけではなく、筋肉の間も通って手足の先まで伸びています。

背骨のところで神経や血管が圧迫されていなくても、筋肉が圧迫していると腰の痛みや足のしびれを発生させます。

ここを間違えることが多く、脊柱管狭窄症の手術をしても治らない方は筋肉が圧迫していることが重々あります。

しかし、整形外科では骨をメインにみているので筋肉といった概念は無く、「すぐに手術をしましょう」という選択になってしまうのです。

背骨が圧迫する神経痛と筋肉が圧迫する神経痛の見分け方

では、背骨が神経を圧迫しているのか、筋肉が圧迫しているのかの見分け方についてお伝えします。

整形外科に行っても骨しかみていないので相談しても「関係ない」と言われるだけです。

ご自身で判断できるようにしましょう。

背骨が神経を圧迫している場合

背骨が神経を圧迫している場合は、以下のようなことが起きます。

  • 朝、目を覚ました瞬間から痛みやしびれがある
  • 座っても立っても横になっても痛みやしびれがある
  • 朝も昼も夜も24時間痛みやしびれの変化が一切ない
  • 尿や便が出にくい、我慢しても漏れる
  • 足の感覚が一切ない
  • 筋肉が急激に痩せている

お気づきかと思いますが、背骨が圧迫している場合は1日中痛みの変化がなく、何していても同じ痛みがずっと続いている時です。

これが背骨が神経や血管を圧迫している場合なのです。

下の3つの「尿や便が出にくい、漏れてしまう」「足の感覚が一切ない」「筋肉が急激に痩せている」は、緊急で手術が必要になるので必ず整形外科や病院に相談してください。

筋肉が神経や血管を圧迫している場合

筋肉が神経を圧迫している場合は以下のようなことが起きます。

  • 朝起きた時は痛みが強いけど、動いていると少し治まる
  • 座っている時や立っている時、横になっている時で痛みが違う
  • 朝と昼、夜と1日の中で痛みに波がある
  • 歩き始めは痛みは少ないけど、しばらく歩くと痛みが強くなる
  • 家にいる時は痛みが少ないけど、仕事から帰る時は痛みが強い
  • お風呂に入ったり、マッサージすると痛みが楽になる

筋肉が神経や血管を圧迫している場合は、1日の中で痛みに波があったり、動く動作によって痛みに波があることです。

この場合は筋肉が硬くなって神経を圧迫している可能性が十分に考えられます。

筋肉は動き始めが硬く、動きだしたら筋肉はほぐれて柔らかくなっていきます。

使い始めは筋肉は柔らかいけど、使いすぎていくと筋肉は硬くなっていきます。

 

このように骨と筋肉とでは痛みに違いがあるのです。

これを知っているだけでも整形外科に行けばよいのか、整骨院に行けばよいのかもわかってくると思います。

脊柱管狭窄症ではどのような姿勢が一番よいのか?

では、本題の姿勢に戻ります。

脊柱管狭窄症では前かがみ姿勢が一番楽になるから、その姿勢で座ってたり立ってたりしていたいと思います。しかし、それでは知らないうちに腰が伸びなくなり筋肉に負担がかかってしまいます。

では、どのような姿勢が一番よいのか?

正しい座り方

正しい座り方はまっすぐすればよいという認識で正しい姿勢をされる方が多いですが、実は間違いなんです。

正しい姿勢とは「体全身の力を抜いた状態でまっすぐ座ること」なのです。

体全身に力が入るようなまっすぐした姿勢では腰に負担がかかってしまいます。上記の絵で言うと反り腰の状態で座ることです。

この状態で座ると見た目はまっすぐしているように見えますが、体に負担がかかっているためよい姿勢とは言えません。

必ず、体全身の力を抜いた状態でまっすぐ座るようにしてみてください。

そして、骨盤、肩、耳がまっすぐ一直線上にあるのが一番負担がかからない座り方なので意識して座りましょう。

正しい立ち方

 

立ち方も座り方と同様で、「体全身の力を抜いた状態で立つこと」が正しい立ち方になります。

気をつけ!するような体に全身力が入っているのは、正しい姿勢ではありません。

そして、耳→肩→股関節→膝→外くるぶしが一直線になるように立つことが正しい立ち方です。

前にかがんだり、腰を反ったりしてる方は、力を抜いた状態を意識してまっすぐ立つようにしましょう。

まとめ

前かがみ姿勢はその場は楽でも最終的に腰を曲げてしまう恐れのある姿勢になります。

まずは正しい姿勢を知っていただき、それを実践すれば必ず痛みやしびれも軽減してきます。

鏡で自分の姿勢をチェックしてみてください。

追伸

脊柱管狭窄症では、「姿勢を正しましょう」ということをお伝えしてきました。

正しい姿勢をすることは必要なのですが、なかなか姿勢をまっすぐすることができないという方が多くおられます。

特に脊柱管狭窄症で悩まれている方には多い悩みです。それは、姿勢に重要な筋肉が衰えているからなのです。

筋肉が衰えると姿勢を正しく保つことができなくなります。保つことができないのですぐに楽にできる前かがみの姿勢に戻ってしまいます。

なので、姿勢に必要な筋肉をしっかりつけなくてはいけません。

当院ではこの姿勢に必要な筋肉を鍛えられることができ、正しい姿勢を保つことができるようになります。

もし前かがみ姿勢でお悩みの方は当院にご相談ください。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です